伊勢志摩/相差(おおさつ)

歴史ある海女と漁師の港町

相差漁港

三重県の伊勢志摩国立公園南鳥羽にある漁師と海女の町「相差町」 。太平洋の恵みを受け、民宿、旅館が軒を連ね、知る人ぞ知るグルメ観光の名所として知られてきました。そんな相差町を支えるのが、ここ『相差漁港』。海女や漁師達の水揚げで賑わいます。また昔から、海にまつわる祭りや文化が受け継がれ、語り継がれる歴史ある港町でもあります。
◆青峰山 正福寺 御船まつり
◆漁師町の歴史を受け継ぐ獅子舞神事
◆漁師町の勇壮な夏祭り!くじら祭り

石神さん(神明神社)

神明神社の参道にある、 石神(いしがみ)さんと呼ばれ、 親しまれる社。女神とい われ、女性の願い事なら、 必ず一つは叶えてくれると、 古くから言い伝えられており、多くの女性の方々が お参りにこられます。

梵潮寺

◆元弘2年(1332年)に後醍醐天皇の勅願を受け 開山した由緒ある古刹です。 境内には大小あわせて約200株以上の蘇鉄があり、 中でも、樹齢700年とも800年とも言われる 大蘇鉄が有名で、蘇鉄寺とも呼ばれています。
■長寿蘇鉄(子宝蘇鉄) ◆幹の周りは約1.8㍍、高さ8.3㍍と 日本一の古木とも言われています。 今も樹勢は衰えることなく、毎年沢山の子を 宿すことから子孫繁栄、延命長寿、と慕われ 檀家の方々はもとより、観光客、老若男女の 深い信仰を集めています。

昇龍の松

このクロマツは幹囲3㍍の大木で、 その樹形が天に昇る龍の姿に 似ていることから『昇龍の松』 別名 『開運の松』と言われています 幹に手を当てると願い事がかなう とされています。

大漁満足!海上保安祈願 青峰山 正福寺

青峰山正福じは真言宗高野山派の寺 天平14年(742年)行基(ギョウキ)によって建立されたといわれています。境内は、金堂、大門、聖天堂、大師堂、弁天堂、如意輪堂、鐘楼堂、庫裏などの諸堂があります。標高336m。険しい山道を登りつめたこの山頂に、これだけの豪華絢爛な建物が並ぶ。静寂と荘厳な世界が広がり、感動すら覚えます。
ご本尊は「鯨に乗った観音様」の伝説に登場する黄金の十一面観音菩薩を祀っています。古くから、志摩地方の漁夫・海女の守護神として信仰を集めています。
御船祭り:旧暦の1月18日には盛大な祭りが行われ、海上の安全を祈願する多くの人々で毎年賑わいをみせます。

千鳥ヶ浜

千鳥ヶ浜